千葉で国鉄色復活  〜キハ30系千マリキハ30−98〜
湘南色113系はこちら 10月15日分はこちら
 7月04日(日)
 国鉄色に変更されたキハ30系(キハ30−98)の営業運転開始日は2009年(平成21年)7月4日(土)。そのお披露目となる列車に乗車すべく木更津に向かいました。
 初日に運行されたのは久留里線木更津−久留里間を1往復する全席自由席の臨時列車でした。そのダイヤは左の通りです(横田駅に掲示されていたポスターを使わせていただきました。←手抜きですいません)。
 なんとなく動き出しが遅くなり木更津駅に着いたのは国鉄色DCの下り臨時列車(以下9921D)の発車16分前にあたる10:38でした。当然ながら久留里線専用の4番ホームは既に多くの同業者が詰め掛けていました。
 ホームの千葉方では長テーブルが用意され、国鉄色登場記念弁当の販売と記念乗車証の配布が行われていました。弁当はやはり完売しており、それを気の毒に思われたのか在庫に余裕があったのか、記念乗車証は頼みもしないのに5枚も頂けました(これは在庫に余裕があったことがあとで判明)。そして肝心のキハ30−98は10:42着の定期列車930Dの到着を待って入線する模様で、側線で待機中でした。
動画
木更津(12.62MB 2分27秒)
 930Dの到着と9921Dの入線をまとめました。
動画
祇園付近、上総清川付近
(12.29MB 2分23秒)
 身体が「鉄モード」になりきれていなかったせいか外観をデジカメで撮影せぬまま満員の車内へ。そして9921D発車時の模様はビデオカメラの操作ミスで撮れず・・・ 動画は一駅目の祇園到着の直前と発車の模様、及び次の上総清川発車時の模様です。エンジンが換装されており、学生時代筑豊地区で大回りした頃のキハ30系とは別物の出足です。特徴である外吊り式のドアを内側から見た様子もご覧いただけます。
動画
横田(8.91MB 1分44秒)
 11:11着の横田で下車しました。当駅では木更津行き932Dと交換です。

 932Dの到着と発車。そして9921Dの発車をまとめました。
 タブレットを受け取った駅員氏は932Dの到着する反対側ホームへと急ぎます。
 キハ30−98が9922Dとして折り返してくるのは約50分後です。素朴な木造駅舎やホーロー製の駅名板を撮影しても時間はたっぷりあります。こんな時はベンチに座って時刻表を読み耽るに限ります・・・・ 
動画
横田(3.45MB 40秒)
 あっという間に列車到着10分前です。やがて正午を告げるチャイムがどこからか静かな構内に届きました。駅本屋の軒先では臨時に配置されたと思われる職員氏と駅員氏が談笑していました。定員128名の単行列車ですが懸念された混乱もなく終わりを迎えそうです。そして11:07、9922Dの到着です。
 木更津12:28着。しばらくして定期列車の12:44発久留里行き933Dが通常よりも久留里方の位置に入線しました。久留里行きの利用者が困惑しないよう、停車位置変更の案内放送が繰り返されていました。
動画
木更津(8.94MB 1分45秒)
 木更津到着直後から車輌基地(幕張車両センター木更津派出)に引き上げるまでをまとめました。ご覧の通り前頭部の銘板から昭和41年(1966年)の製造であることが分かりました。僕とほぼ同世代で親近感が沸きます。
 そしてスカ色の12:40発安房鴨川行き171Mとの邂逅。房総の古くて新しい顔合わせです。
 宇都宮運転所所属のDE10と並んで車庫に収まったキハ30−98。明日以降の運用が楽しみです。
 10月15日(木)
動画
袖ヶ浦−巖根間(5.47MB 1分12秒)
 久留里線訪問の前に内房線の小櫃川橋梁に行ってみました。スカ色の下り普通列車2本と快速列車1本の通過をまとめました(列車番号は下記を参照されたし)。
袖ヶ浦14:48発の木更津行き185Mです。
袖ヶ浦15:01発の木更津行き187Mです。
袖ヶ浦15:10発の君津行き1215Fです。
 このあと久留里線の横田駅付近で撮影するつもりでしたが肝心のキハ30−98が夕刻の運用につくのか気になったため木更津駅併設の幕張車両センター木更津派出の様子を伺うことにしました。すると・・・
 キハ30−98は構内東端の正に手の届きそうな位置に留置していました。丁度やってきた乗務員氏に挨拶したところ好意的な反応だったため思わず質問・・・

僕「これ(キハ30−98)今日走りますか?」
彼「これから走りますよ。」


 良かった・・・ 次の久留里線上総亀山行き941Dは16:29発です。ホームへの移動開始はおよそ15分後の16:11とのことでした。
 乗務員氏に謝辞を述べて撮影開始。隣の気動車はキハ38−1でした。その上総亀山方にはキハ37がつながっていましたが車番は未確認です。
 みるみるうちに日が傾いていい色合いになってきました。でも喜んでいる場合ではありません。941Dの横田発車時刻は16:47です。それまでに日が暮れなければよいのですが・・・
 キハ30−98の移動開始です。事前情報ではキハ37,38の上総亀山方に連結するとのこと。ならば隣の車両に連結するのだろうと思い込んでいましたが・・・
 ・・・この位置に暫らく停止したあと更に向うへと移動して姿が見えなくなりました。16:11に到着する940Dの上総亀山方に連結するのでしょうか。ここにいても仕方が無いので横田付近に移動することにしました。
 新築住宅が並ぶ一角の袋小路・・・と言うか舗装路がそのまま線路方面への未舗装路に続く差し障りないの位置に車を止めました。場所は横田−東横田間の沿線です。駐車位置に気を使おうがそんなことは関係ないとばかりに近所の飼い犬が闖入者を吠え立てました。時間が無いので構わず線路方面に歩き出すと東の方角から踏切の警報音が聞こえました。上り列車の接近です。田畑の向うに東横田に停車中の列車が見えました。同駅16:41発の木更津行き942Dです。
そして数分後、横田での942Dとの交換を経て941Dがやってきました。
動画
横田−東横田間(2.25MB 51秒)
 942Dと941Dの通過をまとめました。