快速「のんびりくるり号」
 久留里線で旧型客車を使用した臨時列車が運行されるということで、早速本運転初日の3月20日(金・祝)に行って参りました。
 列車の概要は下記の通りです。久留里線の終点上総亀山まで足を延ばさないのが残念な点ではありますが、旧型客車が房総を走行すること自体貴重なことですので贅沢を言ってはいけません。
 ご覧の通り久留里駅での滞留時間はわずか8分です。かつての山陽本線和田岬支線の客車列車を髣髴とさせる、プッシュプル運転だからこそ余裕でこなせるダイヤですね。
  運行日 3月20日(金)、3月21日(土)、3月22日(日)

  〔木更津方〕 DE10−1202+スハフ42−2173+スハフ32−2357+DE10−1665 〔久留里方〕  全車指定席

  9921レ 快速「のんびりくるり1号」
 

  木更津10:56−横田11:11/11:15−久留里11:36

  9922レ 快速「のんびりくるり2号」


  久留里11:44−横田12:07/12:11−木更津12:27
動画
横田(6.77MB 1分19秒)
 あいにく雨天のため軒下から撮影しやすい横田駅に行きました。関東地方では貴重な存在となったタブレットの授受も目的です。春分の日ということで同業者多数でした。
 11:11。木更津方のカーブに現れた「のんびりくるり1号」。機関車と客車が同数ってのが少々滑稽かも。露出に難ありですが編成写真をどうぞ。↓
動画
横田(11.18MB 2分11秒)
 編成写真の撮影を済ませ、急いで下り線ホームに移動。ほどなくして木更津行き932Dが到着しました。
 932Dの運んできたタブレットを受け取り久留里に向けて発車です。
ヘッドマークには「証城寺の狸ばやし」にちなんでタヌキが描かれていました。
 同行の長女のご機嫌を損ねてはまずいので上り2号の撮影は諦めて帰還しました。(泣)
 「おまけ」と言ってはなんですが同じ横田駅で撮影したマヤ検の画像をどうぞ。2002年(平成14年)1月16日の撮影。